ホーム > 私たちの活動

事業内容

組織の強化

  • 優良電気工事業者の当組合への加入を促進します。
  • 本部と支部、組合員相互間の連帯強化と結束を推進します。
  • 青年部の育成・充実・活性化を推進します。
  • 事務局組織の責任体制の強化・事務効率化を推進します。
  • 関係諸団体との友好交流を深め、円滑な協調を推進します。

福利厚生事業の充実

  • 全日本電気工事業工業組合連合会が推進する「第三者賠償制度」「業務災害補償制度」「グループ共済制度」の加入促進とあわせ、各種保険等への加入促進の強化を推進します。
  • 表彰制度の活用を推進し、関連する上部機関への推薦に努めます。
  • 慶弔規程の適正運用と、必要に応じて慶弔・見舞金等を贈呈し、意を表します。

情宣・広報事業の充実

  • 機関紙「滋賀電気工事報」の編集、掲載内容の充実を図り、情報資質の向上を推進します。
  • 「電気使用安全月間」や各支部の地域活動のPRを強化し、知名度向上を推進します。
  • ホームページの内容充実とEメールの活用活性化を推進します。

技術教育事業の充実

  • 隔年で開催される「電気工事技能競技大会」「電気工事技能競技関西大会」の出場を目指して、技術・技能の研鑽を推進します。
  • 組合員および従業員に対し、各種技能技術関連の研修会・講習会等を当組合の傘下組織である職業訓練法人滋賀県電気工事技術協会と協調連携して実施推進します。
  • 内線工事研究会の技術的な各事業に協賛参画します。

内線工事研究活動の充実

  • 平成18年度より本格実施された「施工証明制度」の内容充実を図り、顧客の安全・安心の満足度を高めるため、組合員に対し優良な設計施工を啓蒙します。
  • 「でんき工事ホームセンター」の組織の強化と地域へのPRを推進し、量的拡大を図ります。

「電気使用安全月間」への取り組み

一般の方々に電気を安全に使用していただくために、毎年8月に全国的に展開されている「電気使用安全月間」に積極的に取り組んでいます。具体的には、各支部単位でのキャラバン隊による電気の安全使用についての啓蒙活動、電気に関する無料相談所の開設、公共施設や独居老人宅などの電気器具無料点検などを行っています。

一般用電気工作物調査業務

平成17年7月に経済産業大臣から指定を受け、当組合の新たな事業として「滋賀電気安全サービス八日市調査センター」を開設しました。また、平成27年4月に「滋賀電気安全サービス滋賀調査センター」を、更に平成30年4月には「滋賀電気安全サービス彦根調査センター」を開設し、この3カ所の調査センターを拠点に、関西電力送配電株式会社から受託する一般用電気工作物調査業務(定期調査・竣工調査)を滋賀県内全域において展開しております。地域社会の住民の方々が安全に安心して電気を使用できるよう、調査員並びに所員が一丸となって日々精進しております。

高圧引込開閉器操作業務

  • 令和2年10月より関西の電気工事組合では初めての取り組みとなります、関西電力送配電株式会社からの委託を受けた「高圧引込開閉器操作業務」を実施しています。
  • 滋賀県内において、高圧需要者の自家用電気工作物の保守・点検等に伴い、需要家設備を停電させるため、関西電力送配電株式会社の高圧引込開閉機器の開閉操作を行うものであり、安全かつ円滑に作業に取り組んでいます。

青年部の育成強化

  • 滋賀県内組織の強化と、親組合との相互理解を重ね、後継者の育成も図りつつ、青年部の自主的な事業を助成します。
  • 理事会等に青年部会長をオブザーバーとして参画させ、組合運営並びに各種事業の認識を高めさせ、将来の組合幹部としての育成を推進します。

「災害時協力協定」に伴う体制づくり

平成22年度までに滋賀県内13市6町の全市町との「災害時における電気設備の応急復旧の応援に関する協定」の締結を完了し、平成24年3月には滋賀県様との「災害時における応急救援活動への応援に関する協定」も締結しました。さらに、平成26年2月には関西電力送配電株式会社滋賀支社様と「非常災害時における設備調査等の協力に関する協定」を締結。平成25年12月には当組合地元の草津市青地町様との間で「青地町防災協力要請受託式」が執り行われました。それにより、当組合では、地元青地町住民皆様の万一の非常時に備え、避難場所の提供準備と電気コンセントの利用環境を整えていきたいと思います。また、当組合内の「災害復旧支援組織連絡網」を整備し、当組合として総合的に防災体制を強固なものとしていく所存です。

社会貢献事業

地域行政に対する社会貢献の一環として、滋賀電工組会館に太陽光発電設備を平成24年度に40 kw設置、さらに平成25年度に9.9kwの増設をしました。今後も継続して、売電の一部を自然災害で被災された方々のために寄付し、社会貢献を図っていく所存です。

他府県電気工事工業組合との情報交流

全日本電気工事業工業組合連合会傘下の他府県電気工事工業組合との情報交流を積極的に実施し、当組合自らの発展に努めていく所存です。

滋賀電気工事報

滋賀県電気工事工業組合では、機関誌「滋賀電気工事報」を発行しております。電気工事に関する情報や、組合員の情報をいち早くお届けしております。
なお、「滋賀電気工事報」の紙面下部には広告を掲載することが可能です。広告掲載をご希望の方は、滋賀県電気工事工業組合までご連絡ください。

最新号は新着情報をご覧下さい。

「電気安全調査実施」のお知らせ

「滋賀電気安全サービス」電気設備の安全調査を行っております。

「滋賀電気安全サービス」は、滋賀県電気工事工業組合の調査機関として電気事業法の定めにより、お客さまの電気設備が安全かどうかを調べる安全調査を行っております。
「滋賀電気安全サービス八日市調査センター」は経済産業大臣から指定を受け、平成17年7月に開始した機関で、関西電力送配電株式会社より「定期調査業務」「竣工調査業務」の委託を受け、お客さまに電気の使用について安心安全を提供し、さらに地域に密着したサービスの向上に努めてまいります。平成27年4月に「滋賀電気安全サービス滋賀調査センター」を、また平成30年4月には「滋賀電気安全サービス彦根調査センター」を新たに開設しました。
お客さまへお伺いする調査員は、指定の制服と腕章を着用し、写真入りの身分証明書を付けており、
お客さまから費用をいただくことは一切ございません。

「滋賀電気安全サービス」は、電気の安全安心を通して地域貢献する
調査機関としてお客様に親しまれ、信頼されるよう努力してまいります。

会議室貸出

滋賀電工組では会議室の貸し出しを行っております。打ち合わせや研修会、説明会など、様々な用途にお使いいただけます。マイクやパソコン、プロジェクターなどの備品も貸し出ししておりますので、ご希望の方はお申し付けください。

2F第1会議室

2F第2会議室

基本使用料金表

基本使用料金と基本時間(一日分は原則としてAM9:00からPM6:00まで9時間)※月~金曜日のみ
区分
内訳明細
金額(円)
時間あたり単価
A) 全ホール
210/m2
(スペース割合・100%)(約63.7/坪)  
全ホール@65円×210/m213,650@1,517円/H
冷房費用@952円×32,856@318円/H
暖房費用@895円×32,685@299円/H
照明費用@339円×31,017@113円/H
B) 中ホール
126/m2
(スペース割合・60%)(約38.2/坪)  
ホール@65円×126/m28,190@910円/H
冷房費用@952円×21,904@212円/H
暖房費用@895円×21,790@199円/H
照明費用@339円×2678@76円/H
C) 小ホール
84/m2
(スペース割合・40%)(約25.5/坪)  
小ホール@65円×84/m25,460@607円/H
冷房費用@952円×1952@106円/H
暖房費用@895円×1895@100円/H
照明費用@339円×1339@38円/H